ついに・・・

ついに、猫アレルギーよりも猫への愛情が勝ってしまって、マンハッタンにあるシェルターから3歳の女の子”をアダプトしてきてしまった。

人生初猫!!

嬉しすぎる!!

でもやはり猫アレルギーなので、わーいわーいと言ってられる訳ではなく、こまめに掃除や洗濯をしたり、アレルギーの薬や目薬や喘息の薬を飲んだりしなくてはならない。

しかし、だがしかし、そんな事何も苦じゃないくらい可愛い!!

寝てる間に何の躊躇もなくお腹を踏んでくるけど、私の仕事中パソコンの陰から殺気のような”かまってオーラ”を出してくるけど、、、そいうのも含めてぜーんぶ可愛い。

 

f:id:pianeco:20161120083457j:plain

ありがたい事にピアノの音は苦手ではないらしく、気持ちよさそうに聴いてくれる。

可愛いではないか。。。

一日中ピアノを聴かせながら、Over The Rainbowのアレンジがようやく完成!

 

Over The Rainbow

今回のアレンジで前もって決めていた事は、メインのキー(コード)の他にもうひとつサブ的なキー(コード)を設定した事。

今回はBメジャー(BM7#11)を使う。

あとは、やりすぎない事。

複雑にしすぎても聞きづらくなってしまうし、単純すぎると飽きてしまう。

私の先生は口癖のように「Too much is always NOT good.(やりすぎは、なんだってよくない)」と言っていた。

 

 

f:id:pianeco:20161120090127p:plain

 

f:id:pianeco:20161120090644j:plain

ノンダイアトニック率 

上段がRealbookにあったコードで、下段が私がアレンジしたもの。

それぞれ、ノンダイアトニックコードに色をつけてあるのだけれど、特に二枚目の下段が多くなっているのがわかると思う。

五角形で囲ってある部分は、最初に決めておいたサブ的なキーやコード。

特に今回C7→BM7#11という進行をよく使ってみた。

4分の4拍子で32小節なので、拍が全部で128拍ある。

そこからノンダイアトニックの割合を計算すると

上段→ 30%

下段→ 45%

 

15%アップという結果になった。

Too muchになりすぎない事を考えると十分だと思う。

コードと照らし合わせながら、ぜひ聴いてみて下さい!

youtu.be


www.youtube.com

 

 

プレミアムフライデーなんてやってる会社ほんとにあるのかな??

それでは、今日の結果をドーン!

f:id:reia2017:20170224233325j:image

60.6㎏(前回)
60.3㎏(今回)-0.3kg

よしよし、、、この調子でいってくれよー!

● 食べたもの ●
8:00 :カフェオレ、おはぎ、ヨーグルト
14:00:おにぎり2個

土日頑張って念願の60の壁突破してやる!!

にほんブログ村 ダイエットブログへ
にほんブログ村

自転車通勤を始めて2週間目。

片道15kmという距離は本当にちょうど良い距離で毎日いい運動になっています。


電車通勤の時はいつもラジオを聴きながらSNSとブログをチェックするのが日課でしたが、今はチェックが出来ません。

日中外回りをする日は移動中にチェック出来ますが、オフィスで作業の日はついついチェックを忘れてしまう。

まあ別にいいんですが、よくない事が1つだけ…

それは釣り関係の情報なんです。

特に私が贔屓にしてる九州にある釣り具屋さんは、いつも新製品情報をブログでしか公開しないんです。

そして生産数量も割と少なめなので、ちょっと見逃すとすぐに売り切れてしまう。

毎朝このブログをチェックしてるのですが、最近自転車通勤になって忘れてしまう事しばし。

そんな時に限って新製品が出るんですよね…またしても買い逃してしまった。


この釣り具屋さんのやり方は、とても商売上手だと思います。

毎日マメにブログをチェックしてれば買える、つまりファンを作るという手法ですよね。

売れる商品は需要を満たすために生産量を増やす努力をするのがこれまでのやり方。

でも今後は自分が製品のクオリティコントロールができる範囲で、これくらい売れればいいかなという量をきっちり売り切るというやり方が支持されるような気がします。


まさにそのやり方に見事に心打たれてしまいすっかりこのお店のファンになった経験者かく語りきと言ったところでしょうか…笑


久太

2018/07/06

8/20、山形県鶴岡市、久太に行ってきました。


f:id:kazu_ma634:20151104212204j:image:w400
f:id:kazu_ma634:20151104212205j:image:w400
冷たいごまみそ担々めん
夏限定。
濃いごまのスープでとてもおいしい。
ただちょっと辛さが足らないかな。
激辛にできるんだろうか。


tabelog.com

といっても、今日は上記のとおり子供の世話に追われて、夫も何時に帰るかわからないし、ぱっぱとできる夕食にしてしまいました。メニューは、

    • もろきゅう
    • 枝豆
    • しゅうまい プチトマト(オイシックスより)とブロッコリースプラウト
    • もやしときのこの炒め物
    • ご飯
    • みそ汁

f:id:camelopardalis:20050617193534:image

ゆでたり切ったりして出すそばから食べられていたので、上の写真撮影時には、既に枝豆やきゅうりはかなりなくなってしまった後です(言い訳)。

熱があってお腹の調子も悪いはずの上の子ですが、なぜか、きゅうり(昨日、生協から届いた前日収穫もの)とプチトマト(皮をむいてもらっていた)だけは真っ先に食べていました。

確かに、味もすっぱさも濃いトマト。でも、トマト大好きの私は、普段から、味の濃かったり甘かったりのおいしいトマト(でも高い)をたくさん食べてしまっているので、そんな部類の1つかな、という第1の感想なのですが。そう、つけあわせのプチトマトくらいじゃ物足りないのですよ…。

あぁ、こんなんじゃコンテスト資格なしかも…。

週末(明日から)、お肉とか使います。

有機野菜やお米、無添加食材の宅配のOisix(おいしっくす)はこちら

 カエルがかわいいのでカエルに似ているハロメンを探すスレ。もうすぐ田んぼに水が入ったらうるさいくらいに鳴きだします。

f:id:hot:20170418013700j:plain:w480

1: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:24:49.87 0
カエルかわいいよね
f:id:hot:20170418014229j:plain

2: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:25:41.68 0
はまちゃん
f:id:hot:20170418014347j:plain


3: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:27:14.54 0
書きに来たら

終了してるやん


5: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:29:21.54 0
はまちゃん あま
広瀬 いぼ
和田桜子 牛カエル


6: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:30:47.42 0
http://stat.ameba.jp/user_images/20170416/21/countrygirls/65/0f/j/o0480051913915463979.jpg
f:id:hot:20170418013130j:plain


7: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:34:41.72 0
浅倉ケロ
f:id:hot:20170418014705j:plain


9: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:37:52.48 0
もえちゃんだろ
f:id:hot:20170418014436j:plain


10: 名無し募集中。。。 2017/04/18(火) 00:42:46.97 0

アルバートおじさんの時間と空間の旅―アルバートおじさん〈1〉 (くもんの海外児童文学)


我が家にある本。


三年生の兄が、これまで何度か読み返して、おもしろい!と言っていました。


今週図書館にいったところ、この続編を二冊発見。

さっそく借りて行き、兄はあっという間に読破!

おもしろいそうです。


母も読んでみようと思ってますが、いまのところ、まだ話に乗っておらず、最初の数ページ。

続編二冊さらっと読んだ兄の早いこと。。。


目もいいし、若いなー。


あまりにもあっという間に読むので、最近はもっぱら図書館利用。


他には、はだしのゲンを借りてきて、私もはじめて読みました。いま読んで、さらにドキッとすることばがたくさんある。


本はいろいろなことを教えてくれる。。。


最近、我が家でよく見かける絵本はこちらです。

ぐりとぐらの1ねんかん (日本傑作絵本シリーズ)

ぐりとぐら
ぐりとぐらのえんそく

なども自宅にはあるのですが、
一年間を見るとまた違った感じでほんわかして楽しめます(*^_^*)

ぐりとぐらの部屋とか、持ち物とか、可愛い〜


冬にみると、春や夏が恋しくなるので、
わたしはあんまりオススメしません。

そして、春ダンゴムシに出会うころには、やっぱりダンゴムシの絵本も。

ぼく、ダンゴムシ

ダンゴムシの意外な食べ物もわかり、びっくり。
ダンゴムシを見る目が変わりますよ!

トランプ大統領が確定してから、

コロラドのパルが「いま、ヘリコプターがすごいわよ!」と

メッセージが来た。

あちらでは真夜中の時間にヘリコプター?

なんで?と聞いたら、「暴動を期待しているのよ」と言っていて、

暴動なんて、起きないわよ~と思っていたら

抗議デモが各地で起きてますね…。

アメリカのパルたちもどんどん絶望や失望をメールしてきた。

イギリス在住のアメリカ人パルも

「アメリカ人でいることが恥ずかしい。

どちらの候補者もよくなかったけれど、

それでもトランプが大統領になるなんて、おかしすぎる!」

と言っていた。

ペンシルバニア州のパルは

「新しい女性大統領の日が始まったと思って起きたら、

トランプが大統領?!おかしい!」と

こちらもCrazyの連呼。

crazy!の連呼を何度もアメリカのパルたちから聞いたけれど、

私のパルたちは年齢が高めで落ち着いた人が多く、

こんなにcrazyを連呼するのを聞いたことがなかった。

それが逆に、「なんなの、この結果は?!」という

彼らの憤りなんだろうけれど。


にほんブログ村

とにかく読むものがその時は欲しかった。仕事が終わり、電車の中で何か読み物はないかと思って鞄の中を探してみたけれど何もなかった。代わりのもの、その時は愛用しているiPod Classicも壊れてて右耳が聞こえなくなっていたし、イヤホンも忘れて映画も観れないし、電車の中で何もすることがなかった。

そんなこんなで新橋駅に入りLIBROに入ってポール・オースターの「オラクル・ナイト」を買った。

 

オラクル・ナイト (新潮文庫)

オラクル・ナイト (新潮文庫)

  • 作者: ポールオースター,Paul Auster,柴田元幸
  • 出版社/メーカー: 新潮社
  • 発売日: 2015/12/23
  • メディア: 文庫
  • この商品を含むブログ (3件) を見る
 

 

この小説は、ポール・オースターお得意の物語内物語、物語内物語の小物語と重層的に展開されていく。読んでいてついつい、この物語とこの物語の繋がりはなんだろうと考えてしまう。そして、底に流れる共通点を見出すと「ああ、これがポール・オースターの文学なんだ」とちょっと分かった気になる。全然、分かっちゃいないんだろうけども。でも、それでいいんだ、と思う。かたい頭をあーでもないこーでもないと考えるだけでも十分だ。

物語は、主人公のシドニーが病気から回復し、中国人が経営しているいかにも怪しい文房具店でポルトガル製のブルーノートを買うところから始まる。小説家であるシドニーは、そのブルーノートに物語を書き始める。シドニーの物語と、シドニーの書く物語内物語『オラクル・ナイト』がお互いに響き合う小説。まだ全てを読んだわけじゃないけれども、印象的なのは、物語内物語のガーゴイルの石像のシーン。物語内物語の主人公ニック・ボウエンが街を歩いていると空からガーゴイル像が落ちてきて、粉々になって砕け散るのを目にする。あと数センチ逸れていたら激突して死んでしまうという状況だった。ニックはそのことについて「俺はもう一回死んだんだ。だからもう一度生き直せる」と考え、飛行機に乗って失踪してしまう。妻を自宅に残して。

さすがに、失踪まではしないにしても「寸でのところで、命を救われた」というのはあるかもしれない。この本を読んでいて、僕はとある福島出身の友人の話を思い出した。それは、人々の救出作業にあたっていた消防車が、津波に巻き込まれてしまった話だった。あと数メートル高いところにいたら、その消防車は津波に巻き込まれずに救われたかもしれない。でも結果的には、その数メートルの差で人々の命が奪われてしまったのだ。友人の彼は「その境界線って一体、なんなんだろうな?」という疑問があの日以来、頭から離れられないそうだ。改めて、生きるか死ぬかは偶然によって左右されているのだときづかされる。生きるというのは、なんだか危ない橋の上を、ふらふらと渡っているようなものなのだな、と思えてくる。

じゃあ、そういう不確かな現在を生きている僕たちは一体、何を大切にして生きていけばいいのだろう。その答えは、この本の中に書かれている(と思う)。この小説から何を受け取るかは読者次第だけれど、僕は僕なりに、他の人は他の人なりに自分にとって大切な何かを掴み取れる作品なんだろうな、と思う。