私「私は現在信心しているのですが、過去の行いなどを通して私を恨む彼女は謗法になるのでしょうか。」

法華経自体を恨んでいないから謗法にはならないだろう。

また、女性は謗法以外は信心をすれば、ほとんどの罪も問われないようです。

上野殿御返事(刀杖難事) 第一章 少輔房の逆縁を述べる
http://blog.livedoor.jp/inae_sokagakkai/archives/1511879.html